みんとが子育てしながら毎日を楽しむブログ

2歳児のママが子育て、仕事、家事etc...の両立TIPSを書いています

妻が怖いあなたへ。家事育児分担問題、子育て中の男性にアドバイスをするなら、、、妻が夫に望んでいることとは?

こんにちは、みんとです。

 

はてなでは子育て中の方のブログを多く読ませていただいているのですが、夫の立場から書かれた記事を見ると、へぇーそうなんだなーと思うことが多いです。男女の違いがあると立場が違うのでなかなか分かり合えませんが、旦那さんの立場だとこう思うのね、と勉強になります。

f:id:happyfriday:20180903145219j:plain

 

ということで、妻から夫にむけて、実際言わないけれど本当はこんなことを思っているよという本音を書いてみたいと思います。

子育て中の男性に参考になればと思います。

 

妻が一番欲しいのは自分ひとりの時間です

まずは妻が望むことについて。

欲を言えば新しい服やアクセサリー、などモノが欲しいという人もいるかもしれませんが、一番欲しいのは自分ひとりでゆっくりできる時間ですから!!

美容院だったり、マッサージやエステだったりが(夫の援助で)あれば最高ですけど、カフェでぼーっとする時間だけでも息つく暇もなく毎日のタスクをこなしている妻には贅沢な時間なのです。

ですから、休日には子どもの面倒を率先して見たり、妻が1人になる時間を作るようにすれば、ほっとできる時間が確保でき感謝されること間違いありません。

 

 

家事でしてほしいことは料理です。次に掃除です。

「家事を手伝う」なんて言ったらブーイングな昨今ですが、平日は難しいにしても休日家事をしてもらえるとすごく助かります

うちの場合は、家事で必ずやってもらっていることは ゴミ出し、夕飯後の食器洗い、トイレ掃除 ぐらいです。(とはいえ平日出張で不在のことが多く、食器洗いもトイレ掃除も私がやることもしばしば)

 

休日、疲れているのはよくわかるので、それ以外のことは本当~に頼みにくいです。

だから夫が率先して「○○やろうか?」と言ってくれたらものすごく嬉しく、ぱぁーっと後光がさして見えるものです。

 

家事の中でも私が最も面倒なのが料理です。献立決めから買い出しに作ると何重もの労力がかかり、それが毎日毎日数時間おきに襲ってくるのです。

料理を作らなくとも、総菜を買ってきたり、外食に連れ出すなど夫のほうから声をかけるというのがポイントです。(多くの妻は自分から外食に誘ったり、出来合いのもので済ませることに多少の罪悪感はあるのではないでしょうか)

 

あと、掃除好きの素敵な旦那様というのもこの世に存在するみたいですが、残念ながら我が家は掃除は私が担当しているので、たまの休日に掃除を率先してしてくれるといいなぁ。(今はそこまで求めませんが。。)

 

子育てでしてほしいことは寝かしつけです

 子どものこととなると、ぱぱっと効率的に済ませられる家事と違って、自分の思うように子どもがしてくれなかったり、いやいやを連発したり、気まぐれだったりに振り回されることが多く、非常にストレスがかかります。

 

しかしここでいちいち怒っていては体がもたないのでひたすら忍耐なんですが、せめて、せめて休日の寝かしつけだけはお願いできませんか?

子どもと遊ぶ、食事を食べさせる、お風呂に入る、うん、結構どれも大変です。

だけど、寝かしつけを毎日する=夜のプライベートな時間が全くないということなんですよ。

 

うちは2歳児あるあるなのか、子どもがパパと寝たくないというものでずっと私が寝かしつけ担当だったのですが、せめて土日の1日は寝かしつけしてくれ(私がまとめてアイロンかけたいから)とお願いしています。

 

最近は子どももパパの寝かしつけに慣れてきたので、だいぶ良くなってきました。

私も(1週間分の)アイロンかけもまとめてするのですが、その後平日に見れなかったテレビ番組の録画を見たり、ブログをしたり、自分のために時間を使えています

 

 やっと、分担のバランスが良くなってきたかなというところです。

 

もちろん、夫婦のお仕事の状況やお休みの日程などによって状況は様々だと思いますが、とにかく妻の1人時間を何としてでも確保しないと、爆発するよと警告しておきたいと思います。(もちろん夫の休息も大切ですがね

 

それでもどうしても行き詰まったら旅行を予約してしまおう!!

たまの旅行は家事から解放されて夫婦ともに安らげます。