みんとが子育てしながら毎日を楽しむブログ

2歳児のママが子育て、仕事、家事etc...の両立TIPSを書いています

【時短料理】フライパンを買うなら、トリプルパンは2人分料理や弁当、朝食作りに役立つのでおすすめ。愛用中の鉄製フライパンもご紹介

 こんにちは。

日々料理の時短を考えているみんとです。

今日はフライパンを買うならということでおすすめのフライパンをご紹介します。

 

トリプルパン

最近は夫が出張で不在がちのため、子どもと2人分のご飯を作ればいい日が多く、わざわざ数種類料理を作るのも面倒で購入したのが、フライパンに仕切りがついた、トリプルパン

仕切りのタイプは様々なものが販売されていますが、こちらのは真ん中で卵焼きが作れるというのがポイント。

 

トリプルパンのメリットは?

ウインナーや卵焼き、鮭なんかを一緒に焼きたい場合はとても簡単に作れます。しかもガス、電気代も節約できて洗い物の手間まで省けます!!

朝食づくりやお弁当作りには最適なのではないでしょうか。

 

トリプルパンのデメリットは?

仕切りが浅めなので、炒め物はテクニックがいります。また、普通のフライ返しだと大きく、細めのフライ返しを購入する必要があるのがデメリットです。

 

f:id:happyfriday:20180911202805j:image

 

 

アーネスト フライパン IH対応 センターエッグトリプルパン A-76728

アーネスト フライパン IH対応 センターエッグトリプルパン A-76728

 

 

 

タマハシ トリプルパン24cm (イエロー) 19040-07

タマハシ トリプルパン24cm (イエロー) 19040-07

 

 

 リバーライト社の極シリーズの鉄製フライパン

 普段使いしているのは鉄製のリバーライト社のフライパンです。フライパンと中華鍋のフライパンの2つを愛用しています。

 

リバーライト社の極シリーズの鉄製フライパンのメリットは?

鉄製なので、金たわしでゴシゴシ洗えて丈夫で、長く使えるところです。

また、極シリーズは持ち手のハンドル部分を取り換えもできるのでずっと長く愛用できるフライパンだと思います。

さらに、鉄製フライパンは料理をすると鉄が溶けだすので鉄分補給もできるんですよ!

 

リバーライト社の極シリーズの鉄製フライパンのデメリットは?

少し重量があります。中華鍋の大きなタイプは結構重いです。

また、多少値が張ります。

 

リバーライト 極 ジャパン フライパン 26cm J1226

リバーライト 極 ジャパン フライパン 26cm J1226

 

 

 

リバーライト 極 ジャパン 炒め鍋 28cm J1428

リバーライト 極 ジャパン 炒め鍋 28cm J1428

 

 

 

最後に

毎日する料理なので、気に入った道具を使いたいなと思っています。

トリプルパンは時短、節約(ガス、電気、水道)になる今どきのフライパンですし、リバーライト社極シリーズの鉄製フライパンは丈夫で長く使えるフライパンだと思います。